蓄積させない 美容 洗顔 ケア術 夏の肌には皮脂汚れ注意報発令中!?

蓄積させない 美容 洗顔 ケア術 夏の肌には皮脂汚れ注意報発令中!?

夏の肌トラブル…!(泣)

出典: gogona.ge

温度も湿度も高い夏…。
1年で最も皮脂が多く分泌される季節。

日焼け止めにメイクの重ね塗り、
汗もかきやすくお化粧が崩れる。
崩れは直し、また汗をかき、の繰り返し…。

皮脂の1日の分泌量は1~2gだといわれています。季節変動が大きく、気温の高い夏の分泌量が多くなります。

出典: www.hand-clap.com

こんなことしてない?

出典: 36.media.tumblr.com

■(×)日焼け止めを使っているのにクレンジングしない

11349218_811781228897579_18482092_n

汗をかく夏は特にウォータープルーフタイプのものや効果の強いものを使うことが多いのでは?
そのぶん落ちにくいことをお忘れなく!専用のリムーバーを使うのがマスト◎

日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれますが、肌に負担をかけてしまいます。
しかし、日焼け止めを塗ることよりも、日焼け止めがしっかり落ちずに肌に残ったままでいることの方が肌への負担が大きいのです。

出典: hiyakedome.jp

ビオレ ボディデリ 泡立つジューシーリキッド洗浄料商品

ビオレ ボディデリ 泡立つジューシーリキッド洗浄料

¥666

日焼け止めも優しく落とす、皮脂すっきりタイプのリキッド洗浄料です♩

■(×)ベースメイクが厚すぎる

11282299_1449706748675468_1525546015_n

日焼け止め、化粧下地、リキッドファンデ、固形ファンデ、パウダー…と油分たっぷりのメークをしていると、酸化して皮膚がどんどんと黒くなり、汚れが溜まってしまいます。

出典: www.skincare-univ.com

レブロン カラーステイ メイクアップ商品

レブロン カラーステイ メイクアップ

¥2,160

5月にリニューアルされまして、
仕上がりのキープが16時間から24時間に!
すっと伸びるから暑くならない◎

■(×)メイクを落とさずに寝る

11208274_767517143366409_479551919_n

どんどんと汚れが溜まって毛穴が黒ずみます。
酸化した化粧品による刺激や、汚れを温床にして
雑菌が繁殖し、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

化粧をしたまま寝るというのは
腐った食品を顔に乗せているのと同じ事なんです。

出典: hanakurozumi.info

■(×)メイク落としシートを使っている

11205913_1636287656607756_1199903986_n

汚れを毛穴の奥に押し込めている可能性があるのです…!
成分の刺激も強いため、普段はきちんと洗顔しましょう。
どうしても洗顔できない時だけしよう!

敏感肌や乾燥肌の人は、メイク落としシートが肌荒れの原因となることがあるのです。一番の原因は、ふき取りによる肌への摩擦が大きいことによります。肌トラブルの起こりにくい人も、毎日使うことはおすすめできません。

出典: hadalove.jp

■(×)ゴシゴシこすって洗っている

11085137_964274660274009_746807194_n

毛穴の黒ずみは、ゴシゴシこすっても落ちません。
それどころか刺激によって硬くなり、
ブツブツ感がひどくなることもあるので注意!

指を肌に滑らせるまではいいですが、指を肌に押し付けて、力任せの洗い方は厳禁です。
力の具合が強すぎると、角質だけでなく、皮下組織までダメージを与えます。

出典: happylifestyle.com

■(×)保湿ケアが足りない

11296917_1618382775074772_44065408_n

ベタつくからと化粧水や乳液の量を控えていませんか?
うるおいが足りないと肌は乾燥し、皮脂が余計に分泌されてしまうのです。
パシャパシャとたくさん使おう!

ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水商品

ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水

¥615

コスパ最強の化粧水!
惜しむことなくたくさん使える◎

正しい洗顔のPoint!

(1)洗いすぎない
(2)皮脂や汗はできるだけ早めに!
(3)すすぎ中に肌をこすらない

■▷▷朝の洗顔

11272386_941006475921042_1971025973_n

ベタつく部分にのみ石鹸で洗顔を。
乾燥している部分は、すぐに洗い流すくらいの軽めの洗顔にしましょう。

■▷▷夜の洗顔

11244621_363568183841528_669099406_n

(1)まずは水・お湯でかるくすすぐ
(2)石けんをたっぷりと泡立てて、クリーム状の美泡をつくる
(3)円を描くように、指でゴシゴシしないよう優しく洗う
(4)石けんが肌に触れるのは30秒以内に
(5)水または、32度以下のぬるま湯で洗い流す

1日に顔を洗うペースは、朝・夜プラス、汗をかいた時など、
冬のペースにプラス1~2回を目安にしましょう。

また、運動をして汗をかくことが多い日などは、
ソープは使用せず、水・ぬるま湯で軽く洗い流すのみの洗顔に。

石鹸を使う洗顔は、冬と同じぐらいにするのがポイント◎

出典: pure-la.net

週に1度の「毛穴ケア洗顔」

11311122_114540922211281_700049537_n

《 準備するもの 》

●フェイスタオル 1枚
●オリーブオイル 適量
※不純物の少ないエクストラバージンオイルがオススメ!
●ティッシュ 数枚

■(1)蒸しタオルで毛穴を開かせる

11111298_1093237474035737_340950977_n

タオルを濡らしてレンジでチンすれば
簡単に蒸しタオルの完成!

タオルが冷たくなるまで顔の上にのせます。

■(2)オリーブオイルを顔に塗る

11330599_963980260313468_502266235_n

オリーブオイルを適量とって顔全体になじませるようにして
塗布したら、毛穴の汚れを浮かせるため1分ほど待ちます。

えっ!オリーブオイル?って思った人が多いのでは?
オリーブオイルに含まれるオレイン酸は肌の乾燥や
肌荒れを防止してくれるのでお肌を健康に保ってくれます♩

すぐに落ちやすく作られている市販のクレンジングより手間と時間がかかりますが、自然な成分のみ使うことで肌が若返りトラブル知らずのツルツルお肌に生まれ変わることができます。

出典: konatoki.com

■(3)小鼻などをくるくるとマッサージ

11098350_1440139772951768_1592435432_n

指の腹などを使って、汚れの気になる部分(小鼻やあごなど)を
くるくると円を描くようにしてマッサージします。

■(4)キッチンペーパーで拭き取る→ぬるま湯で流す

11143062_1431958657099018_769013198_n

顔のオリーブオイルはキッチンペーパー使って
ある程度ふき取ってから、ぬるま湯で洗い流します。

ティシュペーパーを使う場合は3枚ほど重ねて使用してください。

■(5)洗顔→冷水で引き締め

11272972_415676478615255_373004326_n

いつもお使いの洗顔料を使ってよく洗い流した後、
冷水を使ってお肌を引き締めましょう。

これでつるつるキレイ肌!

出典: weheartit.com

夏には夏の洗顔でつるつる肌を
ゲットしちゃおう♩
是非お試しあれ!

Leave a reply