いまさら人には聞けない化粧品のアレコレ

いまさら人には聞けない化粧品のアレコレ

いまさら人には聞けない、化粧品・化粧の基礎についてまとめてみました。化粧のコツや旬顔メイクなどを紹介するものではありません。まとめると化粧品とは欠点を隠して立体感を出す以外の役割はありません。気が向いた時にアイテム追加していきます!

日焼け止め、下地、コンシーラー、ファンデーション、パウダー…肌を作るだけでも様々な液体や粉末を顔に塗りたくらなくてはなりません。それぞれの意味をご説明します。

化粧下地

①化粧のノリを良くし、長持ちさせる。
②ファンデーション等の化粧品の色素が肌に移るのを防ぐ。
③化粧品による刺激から肌を守る。
④肌のトーンを整えてくれる。
⑤メイクを落としやすくしてくれる。

BBクリーム

・Blemishe Blam=気になる部分の保護
・日焼け止め+下地+ファンデーション
・肌をしっかりカバー
・欠点を隠してくれるのがBBクリーム
・下地とファンデーション2役になる。
・肌をカバーするためのクリーム

CCクリーム

・Color Control
・Color Correcting
・下地+肌の色味補正
・肌をナチュラルにカバー
・肌の色を整えるためのクリーム

ファンデーション

顔全体の欠点を隠すためのモノ。
今回は一部の形状と特徴をまとめます。

①パウダータイプ
粉状のファンデーション
油分が少なくムラができにくい
オイリー肌タイプの人にオススメ

②リキッドタイプ
液状のファンデーション
油分が多く肌への負担は大きいが、シミシワを隠すのに適している。

③クリームタイプ
リキッドタイプより更に油分が多い
その分カバー力も多く、肌の保湿もしてくれる。
乾燥肌タイプの人にオススメ

④スティックタイプ
口紅のように、肌に直接塗ってなじませる。
直接塗るため密着力がありカバー力も抜群

⑤クッションタイプ
クッションスポンジに液が染み込んでいる。
肌にツヤ感を出し、明るく見せてくれる。

アイシャドウ

①目元に陰影をつける

アイライナー

①目をくっきりと大きく見せる。
②書き方によってつり目やタレ目など目の角度を変えて見せる。
③カラーは黒、茶色が主流。最近はピンクやイエロー等のカラフルなアイテムも人気です。

マスカラベース

①まつげのカールをキープ
②まつげを長く見せる
③ボリュームをつける
④マスカラが付きにくい部分を付けやすくする。

マスカラ

①まつげを長く見せる
②まつげの量を多く見せる。
③カラーは黒、茶色が主流ですが、最近はカラフルなアイテムも人気です。

アイブロウ

①眉の形を整える
②眉を書き足す
③カラーは黒、茶色が主流。
④形状はパウダー、ペンシル、リキッド、マスカラなど。

A.パウダー
ナチュラルに仕上がる。
立体感が出しやすい。

B.ペンシル
眉の薄い部分に付け足せる。
眉の大まかな形を作れる

C.リキッド
はっきりとした印象に仕上がる

D.マスカラ
眉全体のカラーを変えられる。

リップ

①口紅に色をつける
②形状はスティックタイプ、リキッドタイプが主流
③カラーはレッド、ピンク、オレンジ系が主流

リップライナー

①唇の輪郭を作る
②立体感を出す

グロス

①口紅の上から塗る
②ツヤ感を出す
③透明感を出す
④色付きのものもある

チーク

①血色を良く見せる
②顔に立体感を出す
③形状はパウダー、クリーム状が主流
④レッド、ピンク、オレンジ系が主流

Leave a reply