敏感肌の化粧品に配合されている注意したい成分まとめ

敏感肌用が化粧品を選ぶ際に気になるのが、化粧品の成分です。ちょっとしたことでも刺激を感じる敏感肌にとっては、化粧品の成分も刺激になることがあります。そんな敏感肌が注意したい化粧品の成分をまとめました。

アルコール

化粧水など、スーッとした使い心地のために配合されるアルコールは敏感肌にとって要注意成分です。

蒸発しやすいアルコール類にも注意が必要です。殺菌作用に優れ、ぽっかり毛穴を引き締めてくれる収れん(しゅうれん)作用があり、ニキビ用化粧品によく使われています。しかし、蒸発する際に肌の水分を一緒に持っていってしまうのが難点。医師の指導の下、治療目的で使う以外は使わないようにしましょう。

香料

香り付けに使われる合成香料にも注目を!成分表示では“香料”と表記されることが多く、実際にどんな種類の化学物質が使われているかを知ることはできません。香料は、もっともアレルギー症状を引き起こしやすい物質としても有名です。香りが必要ならば、香水やアロマオイルなどを直接肌に触れないよう、洋服やハンカチにつけて使うのがいいでしょう。

香料は、化粧品の使い心地をよくするための成分ですので、肌にとって必要な成分ではありません。また、敏感肌にとっては肌トラブルを招くこともあるので、香料が入ってないものを選びましょう。まれに、香りがある化粧品でも、香料ではなく自然由来の有用成分の香りがあるものもあります。

次に紹介する敏感肌におすすめのラメラ構造の化粧品「キラリカ」には、ホルモンバランスを整えてアンチエイジングにも効果的といわれる「ダマスクバラ花油」が配合されています。そのダマスクバラとはバラの女王とも言われているため、こちらの化粧品はほんのりバラの香りがします。

敏感肌の化粧品で、ラメラ構造の化粧品が注目されてます。ラメラ構造とはセラミドのような構造で、油分で水分を逃がさない構造をしています。ラメラ構造の化粧品が敏感肌を守りながら潤いをしっかりキープしてくれます。

以下にあるリンクから公式サイトへ飛びます。

保存料・防腐剤

化粧品は製造時に無菌でも、開封して使用していくうちに空気中や指に付着した菌が混入して、絶好の繁殖スペースになってしまいます。それを防ぐために使われるのが保存料や防腐剤です。

保存料や防腐剤は化粧品を長持ちさせるために配合されています。
化粧品の品質を保つためはどうしても必要な成分であるため、自分の肌に合った成分が配合されたものを選ぶことが大切です。

防腐剤は敏感肌にとって悪いもののイメージがありますが、それは間違った認識です。

化粧品に防腐剤が使われている理由のひとつは、化粧品にはカビや細菌の栄養になる成分が多く含まれているため、微生物が繁殖しやすいことがあげられます。カビが生えたり、劣化した化粧品を使っていると、肌に深刻なトラブルをもたらす危険性があります。繁殖するカビには、「アフラトキシン」という、強い毒をつくりだすものもいます。

鉱物油・ミネラルオイル

成分表記を見るとよく目にする「ミネラルオイル」という文字。ミネラルと言えば美と健康に欠かせない成分なので、よさそうに感じますが実際は違います。その正体とは、石油を精製する過程でとられる鉱物油なのです。

鉱物油は、ミネラルオイル、パラフィン、流動パラフィン、マイクロクリスタルンワックス、ワセリン、セレシン、モンタンロウなどさまざまな名前で表記されています。これらが含まれていない化粧品を選ぶのがベターです。

合成着色料

“FD&C”や“D&C”と表記される合成着色料は、製品自体を美しく見せるために使われるのですが、お肌への刺激が強く、発ガン性を持っていると言われています。

見た目を美しくするためだけに配合されている合成着色料などは配合されていないものを選びましょう。

洗浄成分

洗浄成分など泡立ちをよくする成分には、アレルギーが引き起こされる可能性があります。

ジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)は、泡立ち成分として配合されます。長期間体に吸収され続けると有毒となる場合があり、動物実験ではガンを発症したという事例も報告されています。ラウリル硫酸ナトリウムは、頭皮が乾燥する、眼に痛みを感じる、発疹ができるなどのアレルギー反応が引き起こされると言われています。

Leave a reply