メイクを綺麗に仕上げるには、場所と光と横顔がポイントだった

メイクを綺麗に仕上げるには、場所と光と横顔がポイントだった

女性が大好きなメイク…実は、テクニック以外にも注意したいポイントがありました。

▼女性が大好きなメイク。毎日、どこでメイクをしていますか?

メイクをすると、自分も幸せな気持ちになって幸せオーラがでる

女性ならほとんどの方が毎日しているメイク。どのような場所で行っていますか?洗面所やドレッサー前、ダイニングなどでしょうか?

▼実は、暗い部屋でのメイクは、仕上がりが濃くなることも。

顔色が悪く見えるのは、その照明こそが原因

薄暗い場所でお化粧するとどうしても濃くなりがち。

明るい場所、それも、正しい光の種類の下でメイクを行う

▼ベストなのは自然光。

自然光が明るく差し込む場所でメイクすることが大切です。肌の状態を把握し、今の自分に必要なメイクをすることができる

お勧めの照明は、『蛍光灯と白熱灯』の二つをミックスさせた光。青白い光(寒色)である蛍光灯と、暖かみのあるオレンジ系の光(暖色)の白熱灯は、自然光に近い色の照明を作り出してくれる

明るい部屋とはいえ、すべて人工の光ばかりではよくありません。自然の光も混ぜるようにしましょう。人工の光だけを基準にメイクをすると、いざ外出して日光に当たったとき、見え方が異なる

最近職場で化粧してるんだけど、ロッカー暗いし鏡は小さいしでメイクが濃くなりがちで、やっぱり基本の「明るい場所で大きめの鏡でメイクしましょう」ってのは大事だなと実感…。

暗い場所でのメイクは厚塗りの原因になるので、できるだけ自然光の入る明るい場所を選んで。ダイニングテーブルの上だって良いですし、出窓や棚のそばにイスを置いて……なんていうのもアリ

▼鏡の大きさも意識したいところ。

素早く美しくメイクするのに、鏡は重要なポイント。

様々な種類がありますが、メイク時におすすめの鏡は、全身鏡もしくは化粧台+ハンドミラーのダブル使いです。

ピカピカに磨いておきましょう。汚れた鏡で何度見ても、当然のことながらキレイには映りません。自分を映す大事な鏡なので常に磨く

朝のメイク用に使ってた鏡を割ってしまってから早数ヶ月。ようやく新しいの買った( ˇωˇ )ずっと折りたたみミラー代用してたからメイクしづらかった pic.twitter.com/eajPuHRczz

そういえば、ようやく姿見の鏡をゲットしたんや、だからあそこがお化粧の場所や、だから座布団置いてあそこに座る。メイク道具は鏡の後ろに隠しておる。買って良かったんよ、あの大きい鏡。大きいし、服も見れる! pic.twitter.com/kUN4JZyoGx

クリップ式のセルカライト買ったけど鏡に付けて使えば外でメイクするときやりやすいんじゃね? pic.twitter.com/rRl88zM2ho

ポチってたのが届いた

メラノ化粧水は、使い心地がよく激安なのでリピ
伸びると評判のマジョまつげ美容液
リアル肌色が写るというメイク用鏡 pic.twitter.com/ihw6ZH9PRo

光る鏡買ったから、 明日
ドレッサー作ります!
メイクボックスも買えば
良かった・・・( 笑 pic.twitter.com/82F33JXBKT

▼自分を客観的に見ることができる鏡を何度も見るって大切らしい。

鏡を見る回数が多いほど、美意識が高まります。

自分の姿を長い時間さまざまな角度から目にする

▼それと…メイク中に横顔のチェックをしていますか?

正面から見ることはあっても、意外と見逃しているのが横顔。

初めて人と出会うときは、正面から顔を見ることがほとんどですが、実は日常では、横顔のほうが、他人からよく見られている

正面からは完璧でも、横顔をカバーできていないメイクはNG

▼仕事中もデート中も、男性って意外と女性の横顔を見ているそう。

男性からじっと見つめられた経験……あなたはありますか?

特に目鼻立ちがしっかりしている女性は、横顔がはえます

真正面からみる顔とは違う特徴が横顔にはあります。

▼だから「横から見てもキレイに見えるメイク」を意識しよう!

顔にツヤや立体感を出す効果が期待できるハイライトを使用し、頬を高く見せます。頬に高さが出ると横顔がスッキリとして見えます。

眉、アイライン、チークなどは、入れる範囲が短い(狭い)とかわいい系の顔に。逆に少し長く(広く)すると、美人系の顔に見える

リップを塗るときは口を閉じたまま塗る人も多いですが、少し口を開いて唇のキワまで丁寧に塗りましょう。リップブラシを使えば、唇からはみ出る心配も少なく、キレイな仕上がりになります

▼メイクをする時は、鏡を色々な方向に持って確認しながら行って!

ポイントはずばり立体感。横顔チェックするために三面鏡が便利

フェイスラインは、肥満や表情筋が衰えていたり、リンパが滞ったりするなどにより崩れやすいと言われています。だんだん蓄積されていくことで、むくみ・二重顎・たるみなど悪影響を及ぼしてしまう

顔の筋肉を鍛えるエクササイズやマッサージで、フェイスラインをキレイにすることで、さらに横顔美人になれます

Leave a reply