いつまでもメイクが上達しない人に向けて。

いつまでもメイクが上達しない人に向けて。

ちょっとの使い方の工夫でいつものメイクが少しでも上手になれるよう、アドバイスまとめました…!

メイク始めてしばらく経つけど…

なぜか全然上達しない!自分に合う色は何色なのかよくわからない!
デパートではBAさんが怖くて言われるがまま!!
そんなあなたに少しのポイントをお伝えしようと思います。

アイメイク

アイシャドウ。パレット、全色使ってませんか?
メイク下手さんは、まず二色から始めましょう。
アイホール全体に薄い色を指で一色満遍なく伸ばします。
次に目の際に濃いめの色をチップで一色。
色を足さずにチップで濃い色を少し上にぼかします。
はい、グラデーション完成!
二色なので色がガチャガチャしないし、パレットの中で二色選べば間違いない!

アイライナー。
いろんな瞼があると思いますが、もう囲み目なんてしなくていいんです。
目尻にちょんと跳ね上げラインを引くだけでつり目に!
目尻に下向きにちょんとラインを引くだけでタレ目に!
それだけでいいんです。
まつげの間を埋める?上手くなってからやってみましょう。
そもそも引かなければよれない、汚くならない、失敗しない!

マスカラ。
アイシャドウ、アイライナーと少し手数を減らしてるので、マスカラは少し頑張りましょう。
ビューラーで、まつげをあげてから、マスカラ下地を使いましょう!
マスカラ下地を使うと、抜群にカールの持ちが良くなります。
せっかくあげたまつげが外に出たら簾まつげに……ってだけでテンション下がりますよね。
私は簾まつげも好きですが。

下地をつけたらあとは普通にマスカラを塗るだけです。
個人的にはクリニークのマスカラがマスカラ落ちしなくてオススメです。

ファンデーション

色味は正直、きちんとBAさんにみてもらう方がいいです。
色は明め、暗め、好みでいいと思いますが、ファンデーションを選ぶポイントは肌の状態です。
選んでもらいに行く前にいくつかこういうものがいいなという希望は考えておきましょう。
カバー力がほしいのか、ナチュラルな仕上がりがいいのか、
ツヤがほしいのか、マットにしたいのか…。

ファンデーションの塗り方ですが、基本薄付けにしめしょう。
カバー力がほしいからといって最初から厚塗りにたっぷり塗ってはいけません。
カバー力のほしいところにだけ重ね付けするように、回数でカバー力調整をしましょう。

リキッド使ってる方は必ずパウダーを使いましょう。
くずれにくく、汗も吸収してくれるようになります。

リップ

ここまできたらあとは好きな色を塗りましょう!
リップブラシにとって、好きな形に塗ります。
そして、グロスを重ねたらぷっくり唇に!

バランスについて

気合い入れすぎて濃いメイクになっちゃう人は引き算を考えましょう。
どこにメイクのポイントをおきたいのか、を考えるといいと思います。
アイメイクをポイントにしたいのか、リップをポイントにしたいのか。
それを意識するだけで、自ずと他のパーツは薄塗りにするのか、負けないように濃いカラーを乗せるのかと考えられるようになります。

Leave a reply