髪にも使える?意外と知らない「ワセリン」の活用術

お肌の乾燥対策アイテムとして多くの人に愛されているワセリン。実はお肌以外にも様々な活用方法があることをご存知ですか?

■多くの人に愛され続けている「ワセリン」

ドラッグストアや薬局で手軽に購入できる“ワセリン”

あんなに安くていろいろ使える、おそらく最もコスパの高いアイテムかもしれない

■保湿対策の定番アイテムとして定着しています

保湿対策として、ワセリンを利用している人は多いと思います

肌表面にバリアのようにとどまるので、ホコリや化学物質などの刺激物をシャットアウトして肌を守る働きがあります

■知ってた?お肌の乾燥対策以外にもいろいろな活用方法があるんです

花粉症対策に

ワセリンを塗布することにより肌のバリア機能が補強され、花粉の侵入を防ぐことができる

肌の赤みやかゆみが皮膚表面のバリア機能低下によるアレルギー症状である場合、ワセリンを塗ることで改善を期待できるかもしれません

ワセリンの保湿効果で花粉による肌の乾燥を防ぐ以外にも、肌の表面や目元、鼻の下や穴の入り口に薄く塗ることで花粉の肌浸透を防ぐことができます

ヘアケアに

髪の毛先など傷んでいる部分や、髪の乾燥が気になる部分のケアにもワセリンを使うことができます

たっぷり塗布してしまうともったりとしてしまうため、まず手のひらに少量をしっかり伸ばしてから、毛先中心に薄く馴染ませるようにすると良い

ヘアスタイリングに

スタイリング剤の添加物で頭皮に副作用が出る人には、安全性の高いワセリンは魅力的なスタイリング剤になります

ソフトタイプのヘアワックスのかわりとして、髪につければスタイリングできます

シャンプー後髪をタオルドライで軽く乾かした後に少量のワセリンを手に馴染ませ、毛先を中心に塗ってからドライヤーを当てると髪に潤いがでてまとまりやすい状態を保てます

頭皮ケアに

ワセリンを指で頭皮にすり込むようにマッサージし、その後しっかりシャンプーをしてワセリンを落とすと、頭皮がキレイになります

シャンプーをして頭皮を清潔にした、お風呂上がりにごく薄く頭皮に塗ることで、保湿して乾燥によるフケやかゆみを抑えることが期待できます

靴擦れの予防に

靴との摩擦が起こりやすいかかとにワセリンを塗っておくことで、靴擦れの防止になります

摩擦が起きやすいところに薄く塗るだけで、ワセリン効果で摩擦を軽減してくれます

特にバックストラップで靴擦れができる場合などには、ぜひワセリンを試してください

香水の持続効果をUP

香水をつける前にオイルやワセリンを肌に塗っておくと香りが持続しやすい

香水をつけた後に、ワセリンで香りのフタをする使い方もあり

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です