最近増えてる「美容室ジプシー」の闇が深すぎる

最近増えてる「美容室ジプシー」の闇が深すぎる

もっとテレビとかでも取り上げてほしいなぁ

いま巷で蔓延してる「美容室ジプシー」


ん、なんだそれ・・・

また美容室ジプシーになってしまう……

美容室ジプシー( ˇωˇ )
気になってたとこ土曜日空いてなかった…

2年くらいずっと美容室ジプシーでぐるぐる回って結局dejaveに戻ってきた

原因は美容師の技術不足に

「めっちゃ傷んだ」「カウンセリングと違う」「雰囲気がちょっと…」

ここまではまぁ想像通り。

・美容師の技術レベルの問題
・美容師とお客様との意思疎通の食い違い
美容室ジプシーはこの2点が特にポイントに

まるで流れ作業のような・・・
カウンセリング→シャンプー→カット(パーマ・カラー)→ヘアドライ、仕上げ。ここまでで店内をぐるっと一周する感じ

で、最近増えてるのが”格安美容室”

カットとカラーで4000円の美容室も誕生してる

家計の厳しさからか、あまり美容院にお金をかけられなくなっている方が増えているのが一因に

————-ただ、ここまでは全然セーフ—————

いまこの価格帯の美容室がどんどん増え、最終的には価格競争も出来ないぎりぎりのラインまでに

アシスタント付かない安い速い美容室に最近は行く。

そんな美容室の特徴は人件費削減でアシスタントさんがいないってとこ

生産性を高めるために、
「強めの薬剤による放置時間の短縮」
「一人に掛ける時間の短縮」
「掛け持ち客数の増加」といったことが行われます

カラー剤の2液は等倍が普通の薬でも、2倍から3倍で混ぜます。
簡単に言うとカサ増しして使ってる

こんなことやるとカラーはハイトーンになり、ダメージヘアに

これでお客さんの感想はというと…↓

今日は忙しかったなーと思うけど、日本に比べたらそうでもない。

日本の美容室で働いてた時は、ぶっちゃけ、カラーやパーマを時間通りに流したことなかったもんな。忙しすぎて無理ゲーだった。

かと言って予約セーブもさせてくれない。

だから、『美容師辞めたい』とかになるんだよね。

この状況、実はかなり根深く・・・

今やクーポン使って、手当たり次第

新規クーポンで低価格のサロンをいろいろ回っても満足いく結果になるわけはない

この歪みは回り回って美容師にも

今や原宿は撤退した美容院の空きテナントが大量に発生してる

求人サイトを見ていると、ずっと求人が出たままの仕事がある。看護師・介護・美容師・保育士・飲食店関係である。いかに応募する人がいないかよくわかる。それだけ人手不足なのだ。

美容室ジプシー…なるべく脱するのがベストかも

美容室ジプシーにならないためには・・・

紹介で来店してもらうのが美容師一番嬉しいから。
それが、唯一の顧客満足度のモノサシになる

お友達の紹介は美容師にとって紹介者の顔をたてなければいけませんから、一見で入ってきた方より大事にされる

個人的に狙うのは一人か二人で頑張ってる小さいお店です。
こういうお店はお客さんを大事にする

たまにはリッチな美容室も行ってみようかな…

Leave a reply