今どきのメイク「ナチュラルツヤ肌」を上品に作るコツまとめ

今どきのメイク「ナチュラルツヤ肌」を上品に作るコツまとめ

2018年のベースメイクのトレンドもツヤ肌!でも2017年と違うのは、濡れたようなツヤではなく、ナチュラルで上品なツヤ肌なんです。そんなナチュラルツヤ肌を作るコツと、オススメのコスメをまとめました。

2018年の春夏もトレンドは「ツヤ肌」!

2018年のベースメイクにおけるトレンドは、やはり「ツヤ肌」。濡れているようなつやめきは、色っぽさと今ドキ感をUPさせます。
マットな質感よりも、自然なツヤ感の出る下地やファンデーションを選ぶのがベター

去年の濡れたようなツヤ肌とは違い、KUBOKIさん曰く、今年の肌は“品格”がポイントだそう。


ここ数年、トレンドになっている“ツヤ肌”メイク。やってみたいと思いつつ、メイクが崩れやすそうでなかなかトライできずにいる……という人も多いのではないでしょうか?

そう、ツヤ肌って難しい…

クッションファンデの話を友人としていて、ところでツヤ肌とテカりとどう違うんじゃ!とりあえずテカる!ルースパウダーが原因か?!BAさんのマジックが通用されぬ!しかし毛穴をころしたいのだ!とふたりして憤怒したけども解決はせぬまま今日もテカる

ツヤ肌本当に難しい

ツヤ肌にしたいけどテカリに見えるとアウトなの!このバランスが難しいの!テカテカは見る方も厳しいと思うの!なにを使えば良いのか…!梨汁ブシャー

ツヤ肌とテカリの違い

Tゾーンが光っていたらテカリ、Uゾーンが光っていたら艶肌
毛穴が目立つのはテカリ、目立たないのは艶肌

その違いを理解した所で、早速ツヤ肌を作りましょう!

ツヤ肌づくりのコツとは…

崩れないツヤ肌を作るには、化粧品を厚塗りせずに薄い層を重ねていくことがポイント。さらに、すべてのプロセスの間にティッシュオフを挟むと、化粧品が肌に密着し、崩れにくいお肌を作ることができるのです。

という事で、以下の工程にティッシュオフを入れるといいかもしれません。

では、ツヤ肌作り、スタート!

◆スキンケア

メイク前のスキンケアに欠かせないのが保湿。素肌に水分を閉じ込め、潤いを保たなければなりません。艶肌を作るための基本として、化粧水で肌に潤いを与えるのが重要なポイントになります。

化粧水で整えた後、2〜3分ほど置いてからメイクするのをオススメします。

ゲラン
「スーパー アクア ローション」

肌の内部にある水に着目して開発されたスーパーアクアのスキンケアは、肌内部の水分の質を高め、肌本来の保水力を取り戻してくれるんだそうです。

◆化粧下地

潤いやパール感がツヤを引き出すグロウな下地を顔全体に塗っておくと、パウダーファンデーションを重ねても内側からうるっとした輝きを感じる肌に仕上がります。

シャネル
「ル ブラン バーズ ルミエール」

アコヤパールから抽出された成分を肌に薄く伸ばすことで、ツヤのなくなった肌を、まるで元から自然に輝いているようなツヤ肌へと変身させてくれます。

◆ファンデーション

ツヤ肌作りのためのファンデーションは、リキッドかクリームに限ります。うるおい感がアップして、しっとりとした自然なツヤが出ますよ♪

そしてファンデーションは、スポンジを使って塗っていきます。手で塗るよりも厚塗りにならず、均一に塗れるから、仕上がりもナチュラルに♡

シャネル
「レ ベージュ トゥシュ ドゥ タン ベル ミン」

「レ ベージュ トゥシュ ドゥ タン ベル ミン」は、クッションファンデの進化形ともいえる、シャネルの「アクアジェルファンデーション」。素肌の質感を生かしながら、しっかり肌補正をし、さらに潤いとツヤをプラス!ひんやり清涼感もあり、夏にピッタリの使い心地なんです。

◆ハイライト

いつものベースメイクにハイライトをプラス!簡単にツヤ感を手に入れることができちゃいます。
欧米ではシマー感の強いハイライターをがっつりといれることがトレンドですが、日本やアジアではナチュラルで素肌っぽいツヤ感をつくることがトレンドです。

Tゾーン、頬骨、あごの、「1番高いところ」を意識してのせるように塗るのがGOOD!光を集めたい所を意識して塗ることに寄って、3Dのような立体感と、自然なツヤ感をGETできますよ♪

クリニーク 
「エアブラシ コンシーラー」

コンシーラーだけではなく、ハイライトのような使い方が出来るのも人気の秘密です。

コンシーラーを目元の広範囲に使うと、しっとり感を保ってくれていました。ブラシタイプなので、スティックタイプよりも厚塗り感が出ないのも嬉しいですね。

◆フェイスパウダー

艶肌を作るなら崩れ防止としてルースパウダーを使用することをオススメします!塗り方のポイントは、化粧崩れが気になる部分にブラシでササっと乗せるだけ。時間が経つと肌に馴染んで、いい感じの艶肌に仕上がります。

化粧崩れを防ぐ目的で、ごくごく薄く、さらっとつけるにとどめます。ていねいにつけるのは、小鼻のまわりや眉間など、テカりやすい部分のみ!さらに、パールの入ったルースパウダーを選べば、より透明感が出せます

ゲラン
「メテオリット ビーユ」

6色のカラーパールをブラシで混ぜて、肌にサッとひとはけするだけ!
まるで内側から光り輝くような、明るく透明感のある”理想の肌”が完成します。

上品ツヤ肌を目指そう!

テカテカではなくツヤツヤ。

これらのコツを抑えて、トレンドな美肌を作っちゃいましょう!

Leave a reply