バナナ最強伝説!!? 美容にも健康にもスポーツにも勉強にも、バナナの相性良すぎ!!

バナナ最強伝説!!? 美容にも健康にもスポーツにも勉強にも、バナナの相性良すぎ!!

なんとなく身体に良さそうな印象があるバナナ。なぜバナナがこんなにも優秀なのか知っていますか?バナナの持つ栄養素と実生活への応用に焦点を当てました。

■バナナ最強説

人生で初めてチョコバナナもんじゃを食べました……. pic.twitter.com/WVCDvgePHd

おはようございます(*´∇`*)
雲が多いけど、いい天気☀️

昨日、美味しいチョコレートでお馴染みの#メリーカフェ に行ってきました(//∇//)
バナナチョコだったかな
美味しい幸せタイムでした
#カフェ
#幸せtwitter.com/i/web/status/9…

バナナ(甘蕉、実芭蕉、英: banana [bəˈnænə, bəˈnɑːnə]、学名 Musa spp.)はバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称。また、その果実のこと。

■バナナに含まれる主な栄養素

バナナがエネルギー源として多く取り入れられるのは、果物の中でもブドウ糖や果糖、ショ糖などの糖分を多く含んでいるため

ナナの糖質は3種類あり、それぞれ消化する速さが異なります。結果的に消化にかかる時間は他の果物より若干長め。

バナナには美容ビタミンと呼ばれるビタミンB類が豊富。

特筆すべきは『ビタミンB6』で、バナナ1本で一食に推奨される量を摂取できる

バナナはむくみを解消するカリウムが豊富。

バナナには抗酸化物質の一種であるポリフェノールが、赤ワイングラス一杯に匹敵するほど含まれており、これは果物としては最高の量です。

アミラーゼが消化活動をサポートするから胃に優しく、体調が良くない時の栄養補給源にぴったりです。

■バナナを食べるメリット5選

バナナは一般的な果物同様に『ビタミン』『ミネラル』がバランスよく含まれており、そのため体調を整えたり肌の健康を良くしてくれる効果が期待できます。

バナナは他の果物に比べ、簡単に皮を向いて食べられる“手軽さ”があり、さらに果物の中では“カロリーも比較的高め”です。

バナナは、便秘を改善するのに効果的な栄養素が多く含まれています。

バナナの食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類が揃ってます。この組み合わせは便秘の予防と改善にうってつけです。

善玉菌を増やして悪玉菌を減らす、つまり腸内環境を良くして便秘を改善する効果があります。

細胞内に十分なカリウムがあれば、余分なナトリウムを外に出して、血圧を正常に保ってくれます。(ナトリウムが多すぎたり、カリウム不足になると生じるのが、高血圧やむくみです。)

熟したバナナほどポリフェノールの含有量が高い

ポリフェノールには活性酸素を取り除く効果があると言われており、老化やガン、生活習慣病の予防が期待できます。

バナナはスーパーや八百屋で、安いものだと一房100円ほどで売られています

「エクアドル産 田辺農園バナナ」2本で198円。

バナナは、最も身近なフルーツの一つ。手軽に食べられるので、朝食やスポーツ前の軽食などにも取り入れられている。

■バナナを食べる際の注意点

ナナは果物の中では比較的カロリーが高いため、ダイエット中は摂取カロリーに気を付けて取り入れる必要がある。

バナナの酵素を活きたまま摂取するには、生の状態で食べましょう。熱を加えると活動が停止するので、お菓子の材料にするのはダメ。

「生きたまま」という表現は正しくないですね。厳密には、「加熱処理で酵素が壊れてしまうから」です。

Leave a reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください