アフターケアが需要! 日焼けしてしまった後にすべきスキンケア

アフターケアが需要! 日焼けしてしまった後にすべきスキンケア

梅雨が明け、夏がやってきました。夏というと、気になるのが日焼け。きちんと対策しても、日焼けしてしまう場合があります。そこで、今回は日焼け後のアフターケアをご紹介します。

夏は日焼け対策が必須!

日焼けは肌トラブルの原因です。特に紫外線対策を行ってしまうと、シワやシミなどが将来できてしまうかもしれません。光老化とも呼ばれているので、予防のためにも対策をしっかりしていきましょう!

日焼けの原因である紫外線は5月から8月が最も多いと言われ、季節によって多少その量は変動しますが、基本的に一年中降り注いでいます。季節を問わず、年間通しての日焼け対策をしましょう。

頭上からの対策だけでなく反射する紫外線、屋内での影響も意識したあらゆる場面・方向からの日焼け対策をしましょう。

対策しても日焼けしてしまうことも・・・

日焼け止め、日傘や帽子などで対策しても日焼けしてしまう場合もあります。そんな時は早めのケアが重要になります。

日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態です。放置している腫れる場合もあるので、まずは冷やしましょう。

日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態になっています。炎症が起きているので、冷やして火照りをとることで炎症の進行を防がなければなりません。そのままにしておくと腫れることもあるので、まずはとにかく冷やしましょう。

氷などを直接当てると皮膚組織にダメージを与えてしまうので、タオルで包むなどして調節してください。またこすると皮膚に負担をかけるので、タオルなどを当てる時は優しく抑えるようにしましょう。

日焼けした肌は水分が奪われ乾燥しています。赤みが落ち着いたら保湿ケアを行いましょう。乾燥を防ぐためにも、保湿や保水効果が高いコスメでのケアがいいでしょう。

日焼けした肌は水分が奪われ乾燥している状態。火照りが落ち着いたら、しっかりと保湿をしてその後の肌トラブルやシワなどを防ぎましょう。

体内の水分も失われていますので、水分補給をしましょう。またしっかりと睡眠や栄養を取ることも忘れずに!

ケアは体の外側からだけでなく、内側からも行っていく必要があります。サプリメントを活用してもよいので、ビタミンC、E、Aは積極的に摂るようにしてください。

症状が改善しなかったら・・・

上記でご紹介した通り、日焼けは軽いやけど。皮膚科で治療するのも改善方法でもあります。

Leave a reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください