夏メイクトレンドは「ライン一点盛り」正しいアイラインの引き方まとめ

夏メイクトレンドは「ライン一点盛り」正しいアイラインの引き方まとめ

2018年の夏メイクのトレンドのひとつに「アイメイク一点盛り」があります。カラーライナーなども多く出ている今シーズンですが、基本のアイラインの引き方、できてますか?自分の目に似合うアイライン&上手な書き方&オススメアイラインまとめてみました。

2018年夏メイクは「ライン一点盛り」

2018年の春から夏にかけては「抜け感」をポイントにしたメイクがトレンド。その中でも、メイクの一点にポイントを置くメイクが今っぽいんです!

全てのパーツのメイクを盛ってしまうと、顔全体を主張し、どこを見てほしいのかわからなくなってしまいます。そこで、一点だけ見てほしいパーツを盛ることで、自然とそこに視線を集めることができるのです。

アイラインはその中でも、少しのカラーで印象付けることができるので、一点盛りメイクにはオススメの場所!でも…アイラインって上手く引くの難しいですよね。

まぶたが痛くなっちゃう、不器用で線が引けない、失敗したらと思うと使えない、など、アイラインに対しての悩みを持っている「アイライン難民」の方はいませんか?

そんな方の為に、目の形&アイライナーの種類別のコツをまとめました!

目の形によって美人ラインは違う!

同じアイラインを引いても、目の形によって合う合わないが変わってきます。あなたの目はどんなタイプ?

▼一重

切れ長でクールな印象が魅力の一重まぶた。パッチリ見せるにはちょっとしたコツが。

さらっとひと筆描きしただけだと塗り損ねた粘膜やまつげの間が悪目立ちしてしまい、〝引いた感?が出がち。キワにごくシンプルなラインを引いて細部も丁寧に埋めることが、リアルな目力につながります。

一重さんは目頭から中間までアイラインを引いてもまぶたがかぶさって隠れてしまいます。さらにまぶたと擦れることでラインがにじみやすくなってしまう。それなら思い切ってアイラインは目尻のみに引いてみて。

まつ毛のキワをハネ上げても派手に見えずセクシーさが増すのは、一重の方の特権です。

▼奥二重

綾瀬はるかさんや多部未華子さん、吉高由里子さんなどナチュラルな魅力がある女優さんが多い奥二重。でも、ラインが隠れちゃうんですよね…。

奥二重の方は、目尻だけが二重になっているのでつり目に見えてしまうので、目尻を跳ね上げず下方向へ伸ばしてタレ目にすれば、優しい印象に!

目を開けて鏡を正面から見た状態で、目尻から1~2mm程度だけ“ちょん”とラインを。ほぼ見えないのに横幅拡張効果がすごい!

▼二重

パッチリ二重は女性の憧れではありますが、アイラインをやりすぎると、ケバい印象に…。

元から目力のあるくっきり二重の派手顔さんが黒ラインをがっつり入れると、今どきの抜け感が失われてしまいます。

ラインを引くのではなく、埋める感覚で描くのがコツ。まぶたを軽く持ち上げ、下側から小刻みにまつげの隙間を埋めて。

アイライナーの種類によって書き方も変わる!

▼ペンシル

ペンシルアイライナーは、目元を自然に印象づけ、ふんわりとした優しい仕上がりになります。

出典fun.ibeautystore.com

ペンシルアイライナーで描く時はまぶたを引っ張るのが上手に描くコツ。まぶたを引っ張るとハリがでて左右に動きにくくなるので描きやすくなります♪
まつ毛の生え際(目の粘膜あたり)を、まつ毛のスキマを埋めていくイメージでなぞっていきます。目に入らないように注意しながらゆっくりなぞりましょう。

◆オススメペンシルアイライナー

ゲランのアイペンシル「クレヨン ユー」は、公式でも「ペンシルタイプの多機能アイライナー」とうたわれています。
ペンシルをそのまま使えばアイライナー、付属のチップでぼかせばアイシャドウになるんです。

長時間にじまないウォーターレジスタンス処方で、目の輪郭に沿って描きやすい、ソフトなタッチのペンシルです。シャープナー付き。

▼リキッド

リキッドタイプは発色とツヤが魅力。大人っぽく輝くような目元にしたいときにぴったりですね

一発勝負!って感じがありますが…。

リキッドライナーの場合は、まずは目の中央から目尻へ向かってラインを引きましょう。ペンシルと違い、一気に引いた方がきれいなラインが描けます。

アイラインをキレイに引くコツは、ひじをテーブルにしっかりつき、手のひらの付け根あたりをほおにぴたっとくっつけること。この2点を固定してアイライナーを持った指先だけを動かせば、狙った位置にスッと引けるはず。

◆オススメリキッドアイライナー

簡単にキレイなラインが描ける、筆ペンタイプのリキッド アイライナー。 肌への密着度が高く、皮脂・汗ににじみにくいから、美しい発色が長時間持続。

なめらかで細いラインも引きやすくリピートしたいです。まぶたがかぶれやすいのですが、これはかぶれませんでした。

▼ジェル

引き方ひとつでシャープできりっとした印象や、ふわっとした柔らかい印象も作れる便利なアイテムです。また、肌にピタッと密着してにじみにくく、描いたラインを長時間キープします。

ペンシルタイプとリキッドタイプのいいところを兼ね備えたアイテムだそうです。

ジェルライナーを筆にとっていきなりラインを引いてしまうと、よれやすく、まっすぐキレイにラインを引けないことも。必ず、一度手の上でなじませましょう。

一度にラインを引くのが難しい人は、黒のペンシルアイライナーで一度薄くラインを引いて、それをガイドラインとして、上からジェルライナーを引くと簡単ですよ!

◆オススメジェルアイライナー

繊細なラインから大胆なラインまで思いのままに描けるジェルタイプのアイライナー。 斜めにカットされた柔軟性のあるブラシで正確なラインが引けます。長時間にじまないウォータープルーフ仕様。

このアイライナーは、一度フィットするとヨレにくく、にじみにくさも抜群。みずみずしく柔らかなテクスチャーと小回りの利くブラシとの相性がよく、テクニックいらずで思い通りのラインが描ける。まさにアイライナーの理想形

美アイラインでライン一点盛り!

アイラインの基本を押さえておけば、ライン一点盛りメイクも簡単にできるハズ!酷暑という熱い日々が続きますが、2018夏もメクを楽しみましょう♪

Sorry, comments are closed for this post.