2018年 トレンドアイメイク

2018年 トレンドアイメイク

2018年のトレンドアイメイクをまとめました。

◼️2018年アイメイクの流行色

2018年の色は「ビジョナリーミント」と「ウルトラバイオレット」と「青系ピンク」と「オレンジ」です。

◼️ベースメイク


2018年〜2019年の秋冬のベースメイクでは、ナチュラルで立体感のある艶肌のメイクがトレンドとなり、ファンデを薄付けして素肌のようなニュアンスを出すのがこの秋冬を特徴づける旬のメイクのやり方になりそうです。

この秋冬のベースメイクで特筆すべきトレンドは立体感を出す3Dメイクで、明るいトーンのコンシーラやメイクアップパウダーをポイント使いするメイク術によってメリハリのある立体的なベースメイクを心がけましょう。
尚、艶肌ベースメイクは、リキッドファンデーションを使って薄付けを意識してメイクアップを仕上げていくわけですが特に秋冬は乾燥が大敵なので、メイク前は化粧水や美容液でシッカリと保湿を心がけることも重要なポイントですよ。

◾️囲み目メイク

2018年のメイクの一番大きな特徴は「囲みアイメイク」。「囲み」と言っても、一昔前のギャルのような真っ黒のリキッドアイラインでぐるりと囲むキツイ印象のメイクではありません。

下まぶたにもシャドウやラインをプラスする、という程度の意識でOKですよ!

新しいトレンドの囲みアイメイクは、肌の色が透けるような自然な色味のアイシャドウやアイラインを使って、あくまでもナチュラルに盛るのがポイント。

使用するアイテムもリキッドタイプのアイライナーではなく、芯が柔らかめのペンシルタイプやアイシャドウを使う方が抜け感を出しやすくなります。

2018年〜2019年の秋冬のアイシャドウのトレンドカラーは、少しスモーキーなモーブピンクやブラウンなどのシックな暖色系が、注目のカラーで、ナチュラルで知的な目元メイクが実現しますよ。

◼️リップメイク

2018年〜2019年の秋冬のトレンドは、その他のパーツと同様に、ナチュラルリップが旬の口元になりそうです。リップのメイクで2018年〜2019年の秋冬のポイントは、他のパーツでの繰り返しになりますが、ナチュラルな仕上がりの唇で、リップグロスを使ってぷるんとした唇に仕上げるのも◎です!

◾️カラーアイライナー

2018年のアイメイクは、「色」を取り入れたものがトレンド。中でも「カラーライナー」はマストバイアイテムのひとつです。

カラーライナーを使用することで目元に抜け感が出て、一気におしゃれ上級者風のメイクが完成します。アンダーラインにも使用して、「色」を使った囲みメイクも流行の予感♪

カラーアイライナーは、使う色によって、目の印象がガラッと変わります。

ピンク


可愛らしく、色っぽい印象になります。

ブルー

クールで涼しそうな目元になります。

グリーン

個性的でおしゃれ上級者な印象になります。

◇カラーアイライナーの使い方

基本的には、いつもブラックやブラウンで引いているアイライナーと同じ引き方で大丈夫です。いきなり全体にカラーのラインを引くのに抵抗がある方は、下まぶたや目尻などのポイントから試してみることをおすすめします。

一般的なアイラインの引き方は、上下とも目頭から目尻に向かって、まつ毛を埋めるように描きます。

今期のトレンドとなる引き方は、下まぶたのインサイドの粘膜部分、白目の部分にのみ引くことです!デカ目効果のある涙丘(目頭のピンク色の肉部分)にまでアイラインを引く人は多いと思いますが、今期はそこまで引きません。

また目尻も伸ばし過ぎません。

目立つ色を使うからこそ、長さや太さはミニマムにまとめてバランスを取ります。

Sorry, comments are closed for this post.