まつ育しよう!誰でも簡単まつ毛育成法

まつ育しよう!誰でも簡単まつ毛育成法

まつ毛で悩む女性は多いですよね。でも、大丈夫。長くてきれいなまつ毛は自分で育てられるんです!まつげのケアとメイクで、あなたも自慢できる自まつげを育てましょう。

まつ毛ってなに?

まつ毛はゴミなど異物の侵入を防ぎ、目を保護する働きがあります。

本数は上まぶたは100本~150本、下まぶたは50本~75本ぐらい生えており、約120日~150日ぐらいのヘアサイクルで生え替わります。
まつ毛の長さは、日本人は約1cm、外国人は約1.5cmで、ホコリが多い場所にいると長くなるといわれています。

顔の印象は7割がまつ毛で決まる

顔の印象は「まつ毛」で7割は決まる、という調査結果が2016年10月20日発表された。20~39歳の男女計618名(男女同数)にきいたものだが、やはり、まつ毛の印象はインパクトがある。

まつ毛のヘアサイクル

毛がグングン伸びる成長期
成長が止まり少しずつ細くなっていく退行期
冬眠中の毛である休止期
成長期→退行期→休止期→成長期→退行期→繰り返し

ちなみにまつげのヘアサイクル的に成長期は約40日ほどです。そのあと15日ほどの退行期をへて、まつげは抜けてしまいます。

まつ毛を伸ばす3か条

まつげを傷めないこと
まつげを育てるために必要な栄養をとること
その栄養が届きやすくなるように血行を促進する

方法その① 保湿

【ワセリン】ですぐにできる!まつ育&保湿

1.ワセリンを指先に少し取る
2.まつ毛の表と裏にワセリンをしっかり塗る
3.下まつ毛も同じように塗る

1日に一回、寝る前にワセリンを塗ることで、まつげが伸びてきますよ♪

まつ毛美容液

王道のまつ毛ケアはやはり美容液です。
じっさいに伸びた!という声はすごく多いですし、一度使うとナシでは不安になるくらいです。

1. 洗顔後すぐのまっさらなまつげは美容液が浸透しやすい状態。まぶたを少し持ち上げながら、根元から毛先までしっかりとまつげ美容液を塗る

2. まつげの上側にも、生え際から1本1本まつげをコーティングするように丁寧に塗る

3.チップの先端や側面を使い分けながら、下まつげも生え際〜毛先までしっかり塗る

方法その② 食事

まつ毛を育てると言えば一番に思い浮かべるのが『まつ毛美容液』ですが、普段の食事からもまつ毛に良い食べ物を摂ることで、まつ毛を育てるサポートをすることができるんです。

♡たんぱく質・・・卵・牛乳・大豆

♡アミノ酸・・・牛乳・チーズ

♡ヨード・・・海藻類(わかめ・ひじき・のり)

♡亜鉛・・・卵黄・チーズ・牡蠣

♡L-シスチン・・・牛乳・牛肉

♡ビオチン・・・ピーナッツ・レバー・卵黄 など

方法その③ 目の周りのリンパマッサージ

上記はまつ育にも効果的なマッサージを動画で教えてくれるものです。とても分かりやすかったので紹介させていただきます。

目のまわりは皮膚が薄く弱いので、力を入れすぎないようにしながらやさしくマッサージしてみましょう。

Sorry, comments are closed for this post.