テカるの潤い不足が原因! 秋の皮脂コントロール方法

テカるの潤い不足が原因! 秋の皮脂コントロール方法

夏でもないのに、お肌がテカテカになって脂っぽいという人もいるのでは?実は秋もテカリやすい季節です。まとめでは秋にテカる理由と対策をご紹介します。

夏が終わったのに、まだテカリが!?

「すっかり秋らしい気候になったのに、テカリが気になる」という人も多いのではないでしょうか?
涼しい秋でもテカリやすく、油断すると夏よりもテカってしまう場合もあるのです。

すっかり秋らしい気候の日が増えましたよね♡夏は汗によって毛穴が開くことにより、いつもテカリと戦っていたけど、これでそんな悩みともおさらば♡と思っているあなた。

油断していると、涼しくなって落ち着くはずだったのに、夏よりテカリが気になる!という事態に陥るかもしれないんです!

秋にテカる原因は乾燥&紫外線

お肌の乾燥が影響して、テカテカになってしまうのです。また、夏に浴びた紫外線ダメージもテカリの原因と言われています。

自分の肌はオイリー肌だという思い込みからゴシゴシ洗いやスキンケアのさっぱり仕上げの習慣が皮脂をとりすぎたり保湿不足が原因で、乾燥肌や混合肌を引き起こしている場合もあります。

夏より断然涼しくなって、気候も落ち着いてくる秋。皮脂などの分泌機能が低下し、乾燥してくれるので、どちらかというと乾燥対策が気になり始める時期ですが、実は人によっては夏の紫外線による肌ダメージを受け、肌が敏感になることによって、皮脂の分泌がかえって進み、テカリが気になるという方も多いんです!

どんな対策が必要なの?

テカるという人は、スキンケアと併せて食事からの改善を行うことです。
食事で適切な栄養素を摂取し、規則正しい生活を心がけましょう。

脂性肌を改善するためには、内側からの対策が非常に大切です。
内側からの対策とは、食事で適切な栄養素を摂って、規則正しい生活習慣で過ごすことで自律神経を整え、ホルモンバランスが乱れないようにすることです。

この時期は乾燥でも乾燥性脂性肌(インナードライ)に注意しなければなりません。保湿を忘れずに行いましょう。

お肌の潤い(水分量)が不足しているのにテカリがでる肌を乾燥性脂性肌といいます。肌の内側が乾燥している、という意味でインナードライということもあります。

乾燥性脂性肌を引き起こす原因として考えられるのは、
・勘違いのスキンケア
・冷暖房の効いた空間に長時間いる
・対策せずに長時間紫外線を浴びる

テカリに即効性があるのは、メイクを工夫することです。なかでも、皮脂吸収効果の高い化粧下地を使えば、簡単にカバーできます。

皮脂吸着成分の一例として、ベンガラやシリカが挙げられます。
ただし、これらは多量に使うと皮脂をとりすぎて肌を乾燥させる原因となるため、薄く伸ばして使うことように気をつけてくださいね。

当たり前ですが、女性は女性用コスメを使っていると思います。でも、皮脂に悩んでいるならメンズコスメも視野に入れるべきです。

気になる人は参考に☆

テカリはすぐに改善する症状ではありませんので、時間をかけて改善を目指しましょう。

Sorry, comments are closed for this post.