【あざを治す】美肌を目指す!あざが治りやすくなる方法まとめ

【あざを治す】美肌を目指す!あざが治りやすくなる方法まとめ

美肌をめざしましょう☆

ビタミンを接種する

ビタミンCやビタミンKを多く接種すると青あざができにくく、治りやすくなるようです。

チーズや納豆がビタミンKの接種には最適ですよ。

血管を支えている組織が脆く

血管はあざの治りやすさにとても深くかかわっています。
ビタミンをとって血管壁をもろくしないよう心がけましょう。

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、美容のためのビタミンとしておなじみです。

クリームを塗る

上からかくしてしてしまうのも応急処置としてはいいでしょう。

キズ、ケロイド状の痕(3ミリほど)、青あざ、捻挫の腫れ、虫刺され痕に効果がありました。

傷跡が薄くなってきて、その後も塗り続けていますがかなり薄くなりました。

アットコスメでは傷跡に効果があるようですが、
長年のあざにはあまり効果は期待できないようです。

規則正しい生活を心がける

自立神経や生活習慣の乱れもあざの治りにくい原因です。

夜遅くまで光を浴びていたり、夜起きて朝眠る生活をしていると、元々あるリズムから外れてしまいます。

精神や身体にストレスを感じ続けていると、自律神経が乱れやすい

規則正しい生活を心がけましょう

マッサージをする

リンパのマッサージをすることで血液の流れを良くし、
あざの治りを早くなると考えられます。

むくみの解消にもつながりますよ。

血行を良くすることは、美容や健康面だけでなく、生命活動の維持にもとても大切なことなのです。

足のマッサージをすることで体全体の血液が流れます。

あざをなおしてきれいな肌を目指しましょう。
日々の習慣が深くかかわっているので、普段から意識してみてくださいね。

Sorry, comments are closed for this post.