ハイジニーナの真実!やる前にチェックしたい無毛生活のメリデメ

ハイジニーナの真実!やる前にチェックしたい無毛生活のメリデメ

VIOを完全無毛にするハイジニーナ脱毛。実際に毛がなくなると快適になることもある一方、今まで気にならなかったことが気になってしまい後悔することも!?ここではVIOの処理前や処理後で、実生活の中どんな変化が起こるのかを紹介していきます。

メリットだけじゃない⁉ハイジニーナにすると気が付く無毛生活の悩み

日本人ではまだまだ少ないハイジニーナ。少数派なだけにハイジニーナにしてしまうことで日常生活がちょっぴり不便になってしまうことがあるんです。

そもそもハイジニーナとは?

ハイジニーナとは、アンダーヘアが全くない状態のスタイルのこと。

日本ではハイジニーナと言いつつ、完全にツルツルにはしないのが主流。Vラインは脱毛をしていく過程で毛量を減らす・質を変えるなどをしながらも自然な形で残す女性が多いです♪

最近ではタレントでも「ハイジニーナをした」とカミングアウトする人が多く、人気を集めているのがハイジニーナ(VIO)脱毛。ハイジニーナとは、フロントのVゾーン、性器の周りのIゾーン、肛門周辺のOゾーンのすべての毛を脱毛すること。

海外では割と人気の高いハイジニーナ脱毛ですが、日本でも密かなブームに⁉

ハイジニーナにするメリット

・アンダーヘアを気にすることなく下着や水着を選べる
・陰部の蒸れやニオイを軽減できる
・経血やおりもの等が絡みにくく衛生的
・自己処理が不要になる

ハイジニーナ脱毛を受けてしまえばどのような状況でも完全に自己処理の必要がなくなりますし、それに伴うトラブルを回避することもできます。

敏感部位の自己処理は肌トラブルになりがち!肌トラブルは黒ずみの原因にも!

ハイジニーナにすると、排せつなんかを済ませたあと確かによく拭けるんです。肌にピタッとトイレペーパーやタオルがくっつくので水分の吸着も良いし、女性であれば生理の時なんかもキレイにできる感じ。

ハイジニーナにするデメリット

・クリニックやサロンで脱毛すると元に戻せない
・家族や子供に見せられない
・スパや温泉で恥ずかしい
・異性の目が気になる

パートナーによってはVラインがツルツルの無毛状態を嫌う可能性がある

確かに最初の時は相手の反応にドキドキしてしまうかも…汗

蒸れはあんまり・・というのが正直なところ。やっぱり毛があると下着とお肌の間に隙間ができるので、むしろ毛があるときの方がサラサラ感があった気がする。

蒸れの解消がメリットだったはずなのに、感じ方には個人差もあるかも…!

日本はまだまだハイジニーナ発展途上国。自分は大満足なのに、周りの目がちょっと気になりますよね。
特に温泉とか・・・若い子ばかりならいいんですけど、おばさんたちからジロジロ見られちゃうし。

ジロジロ見られ、さらに子供たちからは容赦ない言葉攻め。

「なんでお姉ちゃん毛がないの?」「ママあるけど、なんで毛ないの?」・・・・

社員旅行で温泉とかなった日には、大事ですよ。給湯室はハイジニーナの噂でもちきり・・・・男性社員の耳にだってはいってしまうかも・・・

ハイジニーナにする前に気を付けたい注意点

・流行に流されない
ハイジニーナがブームのうちは良いけど、サロンやクリニックで脱毛するとブームが去ったときやばいかも…

・やるならワックスで試してみるのもアリ
一度無毛の状態を体験してみて、本格的に脱毛するか決めるのがおすすめ

・介護脱毛なら早めに検討を!
将来の介護を見据えてVIO脱毛をする人も増えているようですが、VIOにも白髪は生えます。白髪になってしまうと脱毛自体が厳しくなるので早めに検討しましょう

・ハイジニーナにするなら彼や旦那さんの許可を得る
男性によっては抵抗がある可能性も。パイパン状態は一般の人にはやはり少数派です

メリット・デメリットを知って満足いく脱毛をしよう

やってからでは取り返しがつかないかもしれないハイジニーナ脱毛!脱毛後の自分をしっかりイメージしてみましょう。

おばあちゃんになったとき、子供や孫ができたとき、パートナーが変わったとき等を考慮して、その上でメリットを感じられるならおすすめ♪

ただし少しでも抵抗があるなら、まずは整える程度・もしくは毛量を減らしたり小さめVラインにしておいて、それから改めて考えるのが良いですよ

投稿者プロフィール

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ
プロフィール情報欄

Sorry, comments are closed for this post.