失敗しない!種類別前髪セルフカット方法♡動画あり

失敗しない!種類別前髪セルフカット方法♡動画あり

ぱっつん、ナチュラル、斜めなど、いろんな前髪の種類別にまとめました。失敗しないコツ付き!保存版です!!

前髪ってすぐにのびちゃう。


髪を切っても、1か月を過ぎた頃から少しずつ目にかかって邪魔な長さになる前髪。
仕事中にイライラなんてこともありますよね!!?

お家でも簡単に再現できる前髪の切り方・前髪セルフカットを紹介します!!

まずは基本の切り方

1 乾かした状態で切る

髪を洗った後、前髪をしっかりと乾かします。濡れたまま切ると、乾いたとき予想以上に前髪が短くなることがありますので、絶対にダメ!

2 黒目と黒目の間だけ切る

失敗したくないのであれば、自分でハサミを入れる部分は、“黒目から黒目にかけての前髪”にします。
セルフカットの失敗例として、前髪を広くしてしまうことです。
横幅が広がった前髪は、顔を大きく見せる効果がありますので、要注意です!
サイドの部分はピンで押さえておくといいと思います。

ここの◯の中だけを切って下さい!

3 ハサミは縦に入れる

縦に入れることで長さの調整がしやすく、自然なカットラインになります。このとき、少しずつ数回に分けてください。
いっぺんに行きたくなる気持ちはわかりますが待った!!です。

ハサミは真横に入れないように!!絶対。
失敗しないのはハサミを“縦に入れる”方法。
毛先の長さがばらばらになります、
自然な感じまっすぐすぎない前髪になります。
まず、前髪を人差し指と中指で軽くはさみます。
毛束に対して縦にハサミを入れます。

完成!

★自然にまっすぐおろす前髪の切り方

自分でやるとぱっつん!まっすぐ!ってなっちゃう人も、これを見ながら切れば、
適度に隙間のある自然なラウンドの前髪にできますよ!

★ギザギザぱっつん前髪

おしゃれでかわいく見えるギザギザぱっつん。

★斜め前髪

斜め前髪は大人っぽく見える、小顔に見えるスタイルです。
伸ばしかけの人にもぴったり!

★大人の愛され前髪の切り方

やば!毛先がバツッ!まっすぐすぎたときどうしたらいい?

自分で切ると、たまに失敗しちゃいますよね。
まっすぐになりすぎてしまって毛先が自然に丸まるようにしたいときは、
前髪の内側を薄く1センチ短くします。
そうすると自然な丸みがついて立体感も出ます!

Leave a reply